JH4ISQのブログ

マイクロ波帯試験運用

本日は全国一斉マイクロ波帯移動運用の日でしたが、生憎の雨模様で参加を見送りました。

ローカル局も雨天のため、いつものお山にお出掛け出来ないため断念したようです。
しかしながら、幸いにも午後から雨も上がったため、試験運用のみローカル局と実施しました。

先日5GHz帯のトランスバーターを誤って壊したため、修理後の正常性確認をメインに実施して、
その結果、対向試験で受信・送信とも正常性確認をする事が出来てほっとしました。
また、その後、10GHZ帯も対向試験を実施して、こちらも正常性確認をすることが出来ました。

但し、ローカル局は不具合箇所が見つかり、宿題が出来たようです。

73




DSCN7852.jpg

DSCN7850.jpg



スポンサーサイト



  1. 2020/10/04(日) 14:21:40|
  2. アマチュア無線
  3. | コメント:0

Sメーターのお話

時々無線の会話で話題になるのが、「Sメーターの振れ具合」です。
Sの振れが固いとか、柔らかくて良く振れるとか・・・様々です。

その昔、USAの無線機メーカーで、「コリンズ」と言うのがありました。
コリンズの規格を基準にしている国内無線機メーカー等も多いとは思いますが、以下のような基準値です。


アンテナで得られた入力電圧の基準値を100μVとした時の値を S9 とした。
この時の電界強度比をデシベル換算で40dBμ。(1μV:0dBμ)
また、S1~S9までは、6dB/octでSメーターの指示が変化する。

S9の10倍が20dBとなるため、S9+20dBとする。また、20dBの10倍が40dBとなるため、S9+40dBとする・・・・・

1/2*EMF=PD・・・単純比較すると、EMFが6dB多く表示する。 
0dBμVEMF=0.5μVPD
・Electro Motive Force(開放電圧)
・Potential Drop(終端電圧)

無題

中にはアンテナで得られた入力電圧の基準値を120μVをS9とした無線機もあるようです。
また、S1~S9までは、4dB/octでSメーターの指示が変化する無線機も存在するようです。

従って、Sメーターの振れ幅は、各メーカーによって微妙に違うようです。
まあ、人情としてS9のレポートを頂いたり、送ったりが一般的なので、豪快にSメーターが振れる方が好まれるようですね・・・


【アナログ針式(TS-830V)】

DSCN7753.jpg

【デジタル式(IC-9700)】

DSCN7757.jpg


Sメーターは、やはり個人的には、アナログ式が良いですね・・・




  1. 2020/09/05(土) 22:17:38|
  2. アマチュア無線
  3. | コメント:0

UTV-5600B2P トランスバーター修理体験記

5GHz帯で使用しているトランスバーターを誤って壊してしまいました。

早速修理に取り掛かりましたが、なんせ周波数が高いので悪戦苦闘の連続です。
先ずは4480MHzのローカルをスペアナで測定すると、想像していたよりもレベルが低いため、段間のトリミングしたりと時間を費やしてしまいました。
受信回路での不具合ですが、診断の結果、RF1段目のLNA不良のようです。
回路に実装されているFETの在庫が無いため、手持ちのFETで代用して、その後バイアス調整して終了です。
また、送信回路の不具合では、ミキサー後の全てのFTEが壊れていたため、こちらも代用品のFETを実装後バイアス調整をして終了です。

文字にすれば短い物語です。修理すれば長い物語となりました。

SGで希望波を発振させ、受信レベルもOKのようです。
また、送信パワーも1W確保出来ました。

DSCN7691.jpg

DSCN7693.jpg

DSCN7695.jpg

DSCN7696.jpg




  1. 2020/08/07(金) 22:26:23|
  2. アマチュア無線
  3. | コメント:0

シャック QSY

同居していた義父の四十九日の法要も無事執り行うことが出来ました。
GWになってもコロナの影響で外出も出来ないため、義父の使用していた部屋の片付けをして私の無線室(シャック)にQSYしました。

また、屋根馬のアンテナ類も点検を兼ねて、撤去・分解・再設営をしました。
それから、電子工作卓もリニューアル完了です。

とりあえず、当面独り遊び出来そうです・・・

73

DSCN7483.jpg

DSCN7479.jpg

DSCN7476.jpg

DSCN7494.jpg

DSCN7500.jpg

DSCN7497.jpg


  1. 2020/05/05(火) 17:04:18|
  2. アマチュア無線
  3. | コメント:0

145MHz帯パラスタックアンテナの製作

145MHz帯の5ELパラスタックアンテナを製作してみました。

材料はFM専用チューナーでエアチェックしていた、FMパラスタックアンテナのジャンクです。
マッチングセクションは、ガンママッチでも良かったのですが、今回はエレメント数が多いので ヘアピンマッチ にしてみました。

バランは手持ちのトロイダルコアで強制バランを製作したのですが、どうも145MHz帯の周波数では特性が悪いため、シュペルトップにしました。

ゲインやF/B比は不明ですが、後日、移動運用でフィーリングを確認したいと思います。

自作アンテナでのQSOは、醍醐味が有りますね・・・



■仮設で垂直系に設営
DSCN7166.jpg

■全景
DSCN7170.jpg

■ヘアピンマッチ
DSCN7169.jpg

■SWR測定(約145MHzで1.3)
DSCN7162.jpg




  1. 2019/11/22(金) 16:04:31|
  2. アマチュア無線
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

masa

Author:masa
学生時代から一人旅をこよなく愛するラジオ少年です。近年は健康維持のため里山登山を始めました。「おもちゃドクター」のボランティアならびに「日本赤十字奉仕団」にも参加しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記帳日和 (123)
アマチュア無線 (50)
自作無線機関連 (23)
電子工作関連 (56)
おもちゃドクター (44)
アウトドア関連 (6)
Wires & EchoLink (22)
オーディオ関連 (16)
旅日記 (11)
ISQチャンネル (6)
釣り (6)
未分類 (0)

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

ブロとも一覧


JR4HJPのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR