JH4ISQのブログ

蛍光灯の保安球 LED 化

部屋の天井から吊り下げている蛍光灯ですが、保安球が切れたので試しにLEDを使用した回路設計で製作してみました。

適当なメタライズコンデンサの在庫が無いため、抵抗とダイオードで回路構成をしてみました。
抵抗の発熱もほとんど無く、とりあえず様子見で使用してみたいと思います。

やはり交流100Vからのダイレクト回路構成はある意味怖いですね。

くわばらくわばら・・・

IMG_20211115_062341.jpg

IMG_20211115_062318.jpg

IMG_20211115_062108.jpg

IMG_20211115_062055.jpg

IMG_20211115_060144.jpg



スポンサーサイト



  1. 2021/11/15(月) 07:25:34|
  2. 電子工作関連
  3. | コメント:0

50MHz帯プリアンプ(特性の考察)

以前自作した50MHz帯のプリアンプ基板ですが、2セット出て来ましたので特性の考察をしてみました。

1セット目は入出力の同調コイルがシングルのタイプで、ディバイスが3SK51です。また、2セット目は複同調でコイルを構成していて、ディバイスが3SK73です。

DSCN8865.jpg


■3SK51
DSCN8848.jpg

DSCN8870.jpg

DSCN8849.jpg

DSCN8850.jpg

■3SK73
DSCN8853.jpg

DSCN8866.jpg

DSCN8854.jpg

DSCN8856.jpg


NanoVNAで特性の波形を観察をしてみました。
やはり、シングル同調の方がスカートの広がりが緩やかで、 周波数が50MHzで電源電圧を5V~12Vの間で可変してみるとゲインが約20dB~30dBくらいでした。また、複同調ではスカートが急峻になり、ゲインは約25dBくらいでした。
まあ、定説通りでしょうか?
プリアンプなのでNFの問題も有りますが、出来るだけB電源を低くして使用したほうが無難のようです。









  1. 2021/09/08(水) 13:46:57|
  2. 電子工作関連
  3. | コメント:0

アナログテレビ(その2)

RFコンバーターが使用出来るようになったので、往年のアナログテレビを修理しました。

このテレビは、祖母が使用していた物で、約45年前の商品です。
アナログ放送時代は時々番組を観ていたのですが、水平回路が調子悪くなり、その後デジタル放送になって電源を入れずに御宮入り状態でした。

バックパネルにある水平同期の半固定ボリュウムでは同期がとれないため、仕方なく水平発振回路のコイルを調整しました。
コンデンサ不良も想定出来ますが、なんとかコイルの調整で同期が取れましたので修理完了として様子見としました。
久し振りのテレビ修理でしたので、調整途中に高圧制限回路が動作して電源が切れる有様でした。

それにしても、この当時のテレビは丈夫ですね。
日本の家電製品に貢献された、松下幸之助様に感謝です・・・

DSCN8812.jpg

DSCN8806.jpg

DSCN8825.jpg

DSCN8829.jpg

IMG_20210826_110335.jpg

DSCN8832.jpg

DSCN8834.jpg




  1. 2021/08/26(木) 11:55:56|
  2. 電子工作関連
  3. | コメント:0

アナログテレビ(RFコンバーター編)

押し入れを整理していたら、約30年以上前頃会社の創立記念日のお祝いの品で頂いた、アナログ液晶テレビが出て来ました。

早速通電試験しましたが電源は入るようです。VHF帯およびUHF帯もスキャンするようですが、肝心のアナログ放送電波がデジタル放送に移行したため送出していません。
また、このテレビは外部入力端子が無いため、外部からの信号を取り入れることが出来ません。

そこで仕方ないので、デジカメで撮影した映像を自作のRFコンバーターでアナログ2チャンネルに変換して、その信号を家庭用ブースターで利得を上げて電波として送出する試験をしてみました。

結果は予想通り、液晶の画質が荒いので鮮明とまでは行きませんが、映像として映りました。

めでたし・めでたし・・・

IMG_20210825_154301.jpg

IMG_20210825_154247.jpg

IMG_20210825_154234.jpg

IMG_20210825_154159.jpg

IMG_20210825_152431.jpg



>



  1. 2021/08/25(水) 16:35:44|
  2. 電子工作関連
  3. | コメント:0

単三乾電池の不思議?

ボランティアで単三乾電池を頻繁に使用したり、また、持込の製品に装着された乾電池を触る機会が多いのですが、
最近、変な事象が多いのに気がつきました。

それは極性が反転している乾電池を見かけることです。

具体的には、乾電池本体のプラス側がマイナス極性になり、マイナス側がプラス極性になっていることです。
消耗時期になると、このような事象になる乾電池が有るようです。

少なくともメーカー在籍時には、この様な事象を見たことが有りません。
また、偶然かも知れませんが、極性が反転している乾電池の購入先は、過去5本ぐらい確認していますが、全て100円ショップで販売された物のようです。

もちろんテスターのリード棒を正規に接続すると、テスターの針が逆振れします。
今のところ、この様な事象になる原因が分かりませんが、なんとも不思議な現象です・・・



DSCN8791.jpg

DSCN8789.jpg

DSCN8790.jpg

DSCN8792.jpg







  1. 2021/08/17(火) 11:35:35|
  2. 電子工作関連
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

masa

Author:masa
学生時代から一人旅をこよなく愛するラジオ少年です。近年は健康維持のため里山登山を始めました。「おもちゃドクター」のボランティアならびに「日本赤十字奉仕団」にも参加しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記帳日和 (160)
アマチュア無線 (66)
自作無線機関連 (28)
電子工作関連 (69)
写真撮影(野鳥等々) (9)
アウトドア関連 (9)
おもちゃドクター (51)
Wires & EchoLink (22)
オーディオ関連 (17)
旅日記 (11)
ISQチャンネル (6)
釣り (6)
未分類 (0)

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者

ブロとも一覧


JR4HJPのブログ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR